費用

ここでは、都内で和婚を行うにあたって必要になる費用について解説しています。
おおよその費用相場を知っておくと、式場選びのときに役立つと思います。

和婚にかかる費用について

和の結婚式を行うにあたって必要になる費用は、挙式費用(初穂料)・披露宴会場費用・衣装代・着付けヘアメイク代・移動代などを合わせた総額になります。

神前結婚式の挙式費用(初穂料)は、一般的に5万円~20万円程度が相場となっているので、ホテルや専門式場でキリスト教式の挙式(この場合の相場は25万円程度)を行うよりは、ややリーズナブルと言われています。
神社によって挙式費用(初穂料)が異なってきますが、大体の場合は挙式料や衣装代、披露宴会場費用をセットにしたプランになっていることが多いです。
金額だけでなく、プラン内容にどこまで含まれているのか(かつらや衣装、着付け、写真撮影、披露宴の費用など)をきちんと確認しましょう。
なお、神社によっては挙式費用のほかに玉串料という謝礼を別にお包みしなければいけないところもあるので、下見や予約の時に確認しておきましょう。

和婚での挙式と披露宴の費用相場

おおよその目安になりますが、下記は挙式+披露宴の和婚プランの費用相場になります。参考までにご覧ください。
神社で挙式する場合、挙式後に披露宴会場への移動があるケースが多いかと思いますが、この時の移動費(車代)や手配費がサービス内容に含まれているかどうかも事前にしっかり確認しておきたいポイントです。

少人数プランの場合

6名で40万円~70万円程度
(1名追加ごとに13,000円~23,000円程度プラス。これは主に料理の費用になります)

  • 挙式
  • 介添・送迎手配
  • 披露宴会場・控室
  • 料理・飲み物
  • 衣装着付け
  • プロデュース料 など含む

15名~20名規模なら、80万円~120万円程度
(1名追加ごとに13,000円~23,000円程度プラス)

  • 挙式
  • 介添・送迎手配
  • 披露宴会場・控室
  • 料理・飲み物
  • 衣装着付け
  • プロデュース料 など含む

大人数プランの場合

70名で300万円~400万円程度
(1名追加ごとに13,000円~23,000円程度プラス)

  • 挙式
  • 介添・送迎手配
  • 披露宴会場・控室
  • 料理・飲み物
  • 衣装着付け
  • プロデュース料 など含む

一般的な結婚式の費用相場

ちなみに、和婚に限ったことではありませんが結婚式費用の内訳は、以下のようになります。

  • 料理&飲み物(35%)
  • 衣装(18%)
  • 挙式(7%)
  • 写真・前撮り・スナップ写真・ビデオ撮影(17%)
  • ギフト(8%)
  • 花(5%)
  • 印刷物(5%)
  • その他(5%)

※結婚式費用の総額を100%とした場合の割合

PAGE TOP