衣装

ここでは、花嫁さんの一番の楽しみ“和婚の婚礼衣装”についてご紹介しています。
また、神社で式を挙げる場合の親族の服装マナーについても知っておきましょう。

和の婚礼衣装の種類

白無垢

白無垢
和婚といえば白無垢姿を思い描く方が多いことでしょう。文金高島田のかつらをつけた上に綿帽子をかぶるのですが、この綿帽子には“挙式が終わるまで、花嫁は新郎以外に顔を見られないように”という意味が込められているそうです。
現代では洋髪を合わせる方も多いですが、文金高島田&綿帽子をつけられるのはこの機会だけ。白無垢を着るのなら、せっかくなのでチャレンジしてみてはいかがでしょう。ご両親や祖父母の世代からは大変喜ばれます。


色打掛

色打掛
名前の通りですが、白以外の打掛のことです。白無垢と同じ形ですが色が付いているところが違いますね。掛下の上に色の鮮やかなものを羽織るようになります。ピンクや赤などは特に人気が高いようです。
白無垢と同格の正礼装になるので角隠しをつけて挙式で着用することももちろんOKですが、披露宴やパーティなどでお色直しに着るのなら洋髪にしても素敵です。最近は生地のバリエーションも増え、オーガンジー素材などの打掛も人気があるようです。ヘッドドレスや和装ブーケとのアレンジも楽しめます。


引き振袖

引き振袖
振袖というと成人式に着用した方もいらっしゃるのではないでしょうか。ただし、成人式に着るような一般的な振袖は中振袖というもので、婚礼衣装に着用する振袖は大振袖と呼ばれるものになります。(袖が長く、裾を床に引きずるようなかたちです)
色打掛よりは少しボリュームが小さいので、小さな会場にはおすすめ。また、振袖は未婚女性の第一礼装ですから振袖を着られるのは結婚式がラストチャンスでもあります。色打掛と同様に、色やデザインが豊富なのも嬉しいですね。


十二単

十二単
十二単は平安時代からの貴族の正装(宮廷装束)です。単(ひとえ)と袴の上に桂(うちぎ)を重ねて着ることが由来となって“十二単”という名前になったといわれています。四季の変化を感じる日本人の繊細な感性を表現した“かさねのいろめ”がとても美しい着物ですから、ゲストや親族からもきっと歓声があがることでしょう。
髪はかつらでなくてもよく、自分の髪ですてきな髪型にして、かんざしや花などで飾ってもOKです。

十二単が着られる和婚プランはこちら>>

神社で結婚式をあげる際の親族の服装

神社での結婚式というと和装のほうが良いように思いますが、基本的にはフォーマルであれば洋装(ドレス)でも和装でも大丈夫です。
基本的なマナーとして、「新郎新婦が正礼装ならば両親も正礼装、準礼装なら略礼装」というように、両親の衣装は新郎新婦と同格か、より控えめにするということを押さえておきましょう。

そして、神前式では靴を脱ぐ可能性を想定して必ずストッキングや靴下を履いておくようにしましょう。神社での結婚式では神殿に靴を脱いであがりますが、神殿内は素足厳禁とされています。

挙式での両親の正装

・父親…和装:紋付羽織袴、洋装:燕尾服+白ネクタイ/タキシード+黒ネクタイ/モーニングコード
・母親…和装:黒留袖、洋装:イブニングドレス/アフタヌーンドレス

新郎新婦の姉妹・兄弟

両親よりもやや控えめにするのが一般的とされています。

叔父や叔母、祖父や祖母

兄弟姉妹と同じく、両親よりも控えめにします。(例:父親が正装なら、叔父は正装or準礼装といったように)

学生・子供

子供のゲストの場合は、制服があれば制服が正装になります。

PAGE TOP