東京の和婚プランカタログ » 和婚を挙げるためにまず知っておきたいこと » 和婚の流れは普通の結婚式と違うの?仕来りや意味合いが知りたい!

和婚の流れは普通の結婚式と違うの?仕来りや意味合いが知りたい!

和婚・神前式はどんなカップルにオススメなの?

和婚は文字通り和=日本の古式ゆかしい結婚式を意味しています。和婚がおすすめなカップルはどういった方々なのでしょうか?ここではその特徴をご紹介します。

和テイストが好き

和婚では衣装、式場、奏でられる曲、儀式などが日本の伝統に則って行われます。そのため、和テイストなものが好きな人におすすめです。和婚なら自分の好きなものに囲まれて、厳粛な雰囲気の中結婚式ができます。

着物が似合う

一生に一度の結婚式では美しい姿を披露したいものです。着物の方がドレスよりも似合うという人は和婚を選ぶと美しく着こなすことができます。首が細い、なで肩、肌が白い、彫りが浅いという特徴を持っている人は着物が似合いやすいです。

年配のゲストが多い

結婚式は夫婦二人だけのために行うのではなく、ご両親や親族などゲストのことも思って行うことが大切です。ゲストの好みも考慮して式の内容を考えましょう。もしもゲストに年配の方が多いなら、和婚を選ぶと好評です。厳かな雰囲気で両家の絆を結びつける儀式のある和婚は、年配の方に喜ばれます。

上記のように、夫婦二人の好みやゲストの好み、衣装が似合うかということを考えて結婚式のスタイルを考えることができます。特徴にあてはまるカップルは和婚を検討してみてもいいでしょう。

和婚・神前式の流れが知りたい!当日はどんなことを行うの?

和婚の場合でも結婚式のスタイルにはいくつかの種類がありますが、よく選ばれているのは神前式です。神社という場所や衣装の魅力もありますが、神前式では儀式そのものが他の結婚式とは違った魅力を持っています。どんな流れで行うのか見ていきましょう。

神前式の流れ

花嫁行列

雅楽奏者、神職や巫女を先頭に、新郎新婦、両家の親、親族の順で社殿に向かってゆっくりと歩いていきます。一歩一歩本殿に近づいていくことで気持ちを引き締めることができます。

入場

先導に従って、血縁関係が強い親族から順に入場していきます。神殿から向かって右に新郎側の親族が、左に新婦側の親族が座ります。その後、新郎新婦、仲人、神職の順で入場します。

修祓(しゅばつ)

和婚で神前式を選ぶなら、神様の前に出るために身を清める必要があります。そのため、式を始める前に神職の方が新郎新婦とその親族の身をきちんと清めます。

斎主一拝(さいしゅいっぱい)

斎主とは神前式を司る神職のことです。斎主に続いて、全員で神様に拝礼の挨拶を行います。できれば深くお辞儀をした方がいいのですが、着物で難しい場合は気持ちを込めるだけでも大丈夫です。

祝詞奏上(のりとそうじょう)

祝詞というのは、神様に結婚のご報告や家族の幸せを願った言葉のことで、斎主が読み上げます。神様に伝わるよう、昔の大和言葉が使われます。

三献の儀(さんこんのぎ)

三三九度の儀式のことです。二人の絆を強く結び、繁栄を願って邪気を避けるという意味が込められています。大中小3つの杯を使って新郎新婦が交互にお酒を飲んでいきますが、小杯では新郎が先に、中杯では新婦が先に、大杯では新婦が先に行います。2口目までは口をつけるだけで、3口目で飲み干すようにしましょう。

誓詞奏上(せいしそうじょう)

誓詞奏上というのは、新郎新婦自らが神様に伝える誓いの言葉です。現代語で書かれたもので、一般的には新郎が読み上げて名前を言った後、新婦が名前を続けて読みます。

指輪交換

指輪交換は本来の神前式にはないものでしたが、希望する人が多いため最近では和婚でも式中に指輪交換することが一般的です。新郎から新婦に指輪をはめ、新婦から新郎に指輪をはめます。

神楽奏上(かぐらそうじょう)

神様を喜ばせ二人に祝福があるようにと願い、雅楽の演奏や巫女による舞が行われます。今後の無事を願うものや、神に感謝する演目などがあります。

玉串拝礼(たまぐしはいれい)

玉串というのは榊(さかき)の枝に紙垂(しで)をつけたもので、神様と人を繋ぐ役割を持つ捧げ物です。新郎新婦、仲人夫婦、両家代表の順に捧げ物をし、二礼二拍手一礼を行います。

親族盃の義(しんぞくさかずきのぎ)

和婚では、夫婦二人の仲だけではなく親族の仲を固めるために参列者が揃って杯を飲みます。巫女に注いでもらったお神酒を3口で飲み干します。

斎主一拝

式の流れの最後は、斎主による挨拶です。夫婦二人へ向けた祝福の言葉を送り、式の終了を神様に報告します。その後、神職、新郎新婦、仲人、親族の順で退場します。

このように、和婚の神前式では伝統的な儀式に則った流れを行います。和婚を希望するカップルは当日の流れをしっかりと把握し、スムーズに行えるようにしましょう。

口コミで知る花嫁行列の魅力~和婚・神前式の見どころ~

和婚は協会やホテルで行う式と異なり、独自のおもむきがあります。神前式の中でも特に見どころになっている花嫁行列の魅力を、口コミを通してご紹介します。

花嫁行列を体験した人たちの口コミ

込められた意味が素敵です(24歳/女性)

私は今回参列者として参加したのですが、一歩一歩進む緊張感やその込められた意味が素敵で、私もぜひ和婚を行いたいなと思いました。これから向かう神殿が未来、そして今二人が歩いている道が現在、親や親族が過去というように夫婦二人の人生を表して、3つが一体となって二人の祝福をしているそうです。

幸せのお裾分けをすることができます(27歳/女性)

結婚式で和婚を選んだのですが、神前式の流れで最初に行う花嫁行列は友人たちからも好評でした。荘厳な雰囲気の中ゲストも一緒に参加して行う儀式なので、幸せな気持ちが共有できたと思います。また、参列者だけではなく、神社の境内にいた方々からもお祝いの言葉をいただけて嬉しかったです。

素敵な写真が残せました(32歳/女性)

友人が教会で挙式を行ったとき、入退場があっという間でなかなかいい写真が撮れなかったんです。私のときは大丈夫かなと心配でしたが、和婚にして花嫁行列を行ったのできれいな写真を沢山残すことができました。行列がゆっくり進むのでシャッターチャンスが多いようです。また、私自身神社が好きだということもあり、風景がやはりきれいで和婚にして良かったです。

厳かな雰囲気があり素敵な意味が込められているため、花嫁行列に魅力を感じる人は多くいます。

PAGE TOP