東京の和婚プランカタログ » 和婚を挙げるためにまず知っておきたいこと » 和婚におすすめの引き出物はこれ!ゲストへ感謝の気持ちを込めて贈ろう

和婚におすすめの引き出物はこれ!ゲストへ感謝の気持ちを込めて贈ろう

和婚の場合どんな引き出物にすればいいの?

結婚式を行なう上で欠かせないのが、ゲストに渡す引き出物です。和婚の場合、どんなものが最適なのでしょうか。ここでは、和婚でおすすめの引き出物や選び方の基準などについてご紹介します。

ゲストに感謝の気持ちを込めて

ゲストから頂くご祝儀に対して、新郎新婦がお礼として渡すのが引き出物です。従来の引き出物は、披露宴で出される料理の一部をゲストの家族へ手土産として持ち帰るためのものでした。しかし、最近では、結婚式の記念品としてゲストに渡す品物という意味合いが大きくなっています。

費用相場としては、だいたい披露宴の食事にかかる費用の3分の1程度の価格です。例えば、披露宴の食事費用が一人当たり15000円だとすると、引き出物は5000円くらいを目安に考えればいいわけです。引き出物を選ぶ際には、費用も考慮した上で決めていきましょう。

引き出物を選ぶ基準

①かさばらない物

結婚式に参加してくれるゲストの方々は、公共交通機関を利用して来られる方が多いでしょう。そのため、引き出物は持ち運びやすくできるだけかさばらない物を選ぶのがベストです。特に女性の場合、披露宴のごちそうでお腹がいっぱいになっている上、ヒールを履いている方が多いので、大きくてかさばる物だと持ち運びが大変になってしまいます。

中でもおすすめなのは、カタログギフトです。コンパクトサイズで持ち運びに便利なほか、いろいろな商品の中からゲストに好きな品を選んでもらうことができます。また、自分達で選んだ物を渡したいという場合は、袱紗(ふくさ)やお米などもかさばらないのでおすすめです。

②消耗品

形として残る物だと、ゲストの趣味に合わなければどう処分していいのか困ってしまいます。せっかく選んだのに、使い道がなくてそのまま捨てられてしまっては悲しいですよね。そういったことを考えると、引き出物は処分に困らない「消耗品」を選ぶのが無難でしょう。

おすすめなのは、やはり食べ物です。食事は誰もが毎日行なうことですし、食べ物をもらって困るという人はいません。また、ゲストの個性に合わせて贈るというのもアリです。男性なら靴のケア用品、女性ならハンドケアグッズなどが喜ばれるでしょう。

こんな引き出物はNG!?

結婚式の引き出物は、アイテムによってはNGとされる品物もあります。何も知らずにそのような品物を贈ると、ゲストに対して失礼になってしまう可能性がありますので気を付けましょう。主に以下のような品物がNGギフトとなっています。

①刃物

包丁やペティナイフなどの刃物類は、何かを「切る」道具であることから、「縁を切る」という良くない連想をさせます。そのため、結婚式の引き出物としてあまり適しているとは言えないでしょう。

しかし、最近では、カタログギフトに包丁セットが載っていたり、男性用の引き出物として髭剃りを贈ったりする方もいますので、必ずしもNGというわけではなく、気にしそうな方には配慮しておいたほうがいいという認識で大丈夫でしょう。

②櫛

櫛は、言葉の発音的に「苦」や「死」など良くないイメージを連想させるので、引き出物には避けたほうがいいでしょう。また、歯が欠けていると、「何か大切なものを失う」ということを連想させてしまいます。

パートナーとの別れをイメージさせることが多いので、縁起が悪いといえます。結婚式のような祝福の場には相応しくないので、引き出物のほか内祝いに贈るのもNGです。

③文房具

ボールペンなどの文房具は、人によっては「もっと勉強して」とか「もっと勤勉に励んで」という意味に捉えられてしまうので、引き出物としてはあまりおすすめしません。

良く小学校や中学校の卒業記念として、先生からボールペンをもらうことが多いですが、あれには「これからもちゃんと勉強しなさい」という意味が込められているのです。特に目上の方や、仕事の上司などに贈ると失礼に当たってしまうので気を付けましょう。

④名入れのもの

ゲストがもらって困るもので一番多いのが、新郎新婦の名前や写真が入ったグッズです。名入りのお皿だったり、二人の顔がプリントアウトされたマグカップだったり...。新郎新婦にとっては記念になるかもしれませんが、ゲストにとってはもらってもあまり嬉しくありません。

使えないし、捨てられないため処分に困ってしまうでしょう。単なる自己満足にならないように、ゲストのことを考えて選ぶことが大事です。

ゲストも納得!本当に嬉しかった引き出物ランキングBest3

1位:カタログギフト

  • 自分の好きな物を選べるのがいい(30代/男性)
  • カタログギフトだといろんな商品が載っているし、自分が好きな物を選べるところが何より嬉しいです。グルメ商品とか、普段自分では買わないような商品もあるので、選ぶのが楽しくなりますね。

  • 持ち運びが便利!(20代/女性)
  • 最近友達が結婚ラッシュで良くリゾート地とかで挙式やるんですけど、重いものだと持ち運びが大変で大変で...。その点カタログギフトだと軽いし、かさばらないし、持ち運びやすくて便利だなーと思いました!

2位:食器

  • 来客用に使えるのが嬉しい(40代/女性)
  • 引き出物でブランド物のカップをもらったんですけど、来客用として使えるので重宝しています。ブランド物だとなかなか自分では買えないので、引き出物でもらえて嬉しいです。

  • 一人暮らしなので生活用品は助かります(20代/男性)
  • 一人暮らしで食器があんまりなくて困っていました。なので、引き出物で食器セットをもらえてすごく助かっています。しかも、自分ではなかなか買えないような高級品だったのでちょっと大人な気分になれました(笑)

3位:タオル

  • いくつあっても困らない(30代/男性)
  • タオルは毎日使うものだし、いくつあっても困らないので実用的でいいなーと思いました。デザインや色もよほど派手な物でなければ、好みが偏ることもないので誰がもらっても困らないと思います。

  • 素材のいいタオルをもらえて嬉しかったです(30代/女性)
  • こないだ友人の結婚式に参加したら、引き出物で今治タオルをもらって嬉しかったです。高いからなかなか自分では買えないので、ちょっとリッチな気分になれました。やっぱり素材のいい物は最高ですね。

和婚にぴったりの引き出物ならコレ

結婚式で渡す引き出物は、挙式の雰囲気に合わせて選ぶことも大事です。和婚の場合、どのような贈り物を選べばいいのでしょうか。和婚におすすめの引き出物をご紹介します。

①茶筒

茶筒は、古くから伝わる日本ならではの日用品です。最近では、現代の生活になじむようにデザインなど工夫を凝らして作られたものが多くなっており、日常生活でも気軽に使うことができます。

日本の日用品を多く取り扱っている「星燈社本店」では、手描きの原画から作られた和柄の茶筒を多数販売していますので、和婚にぴったりの贈り物だといえます。

②南部鉄器カラーポット

南部鉄器カラーポットは、岩手の伝統工芸品で海外向けに制作された商品です。伝統的な風合いにモダンな色がプラスされたことで、和風のみに留まらず洋風の空間にもマッチする品となっています。

おしゃれなデザインでカラーバリエーションも豊富なので、若い方から年配の方々まで幅広い世代のゲストに向けて贈ることができます。

③箸置き

箸置きも和のテイストが感じられる品なので、和婚の引き出物としておすすめです。富山県にある「能作」という食器メーカーでは、水引など縁起がいいものをモチーフにしたデザインの箸置きもありますので、結婚式の場にぴったりです。

長い歴史を持つ職人だからこそ生み出せる、上質な一品となっています。

④チタンタンブラー

日本が誇る地場産業として、注目されているのが新潟県燕市の金属洋食器です。中でも「SUSgallery」のチタンタンブラーは、職人の高い技術によって生み出された上質な商品です。

シンプルで洗練された見た目はもちろん、「暖かいものは暖かく、冷たいものは冷たく」の状態で保存できるのが最大の魅力です。引き出物として贈ると、男性・女性どちらからも喜ばれること間違いなしでしょう。

⑤有田焼の小皿

佐賀県の有田町で作られた「有田焼」の食器類も、和婚の引き出物としておすすめです。中でも、人気のプロダクトレーベル「Floyd」から販売されているARITA JEWELの小皿は、とても人気を集めています。

和食器なのに色鮮やかでおしゃれなデザインなので、普通の食器としてだけではなく、ジュエリー置きやお菓子入れなどとして使うこともできます。

配慮の心も忘れずに~宅配で自宅に送れる時代~

最近では、引き出物をゲストの自宅まで宅配してくれるサービスも存在します。宅配サービスを利用することで、遠方から来ている方や二次会に参加する方などの手荷物を減らすことができて便利です。

また、式場への持ち込み料や手提げ袋料などコストを削減したい方、ゲストそれぞれに違った引き出物を贈り分けしたい方などにも、宅配サービスはおすすめです。結婚式に参加してくれるゲストのことを考えて、最適な環境を整えるようにしましょう。

PAGE TOP