東京の和婚プランカタログ » 和婚を挙げるためにまず知っておきたいこと » 和婚を選んだ新郎は袴で和のいで立ちを演出しよう!

和婚を選んだ新郎は袴で和のいで立ちを演出しよう!

和婚の衣装・新郎が着る袴について

女性の着物同様、男性の着物にもいくつかの種類があります。しかし、和婚で着用する衣装の場合、新郎が選べる衣装は決まっているので注意しましょう。ここでは袴の種類についてご紹介します。

新郎の衣装の種類

黒五つ紋付き羽織袴(くろいつつもんつきはおりはかま)とは?

「紋付袴」と省略されることも多い黒五つ紋付き羽織袴は、新郎唯一の正礼装です。他の衣装では格が下がってしまい、新婦の衣装と釣り合わなくなるため気をつけてください。

色紋付き袴(いろもんつきはかま)とは?

色紋付き袴は黒五つ紋付き羽織袴に順ずる略礼装です。黒五つ紋付き羽織袴よりも格が下がるため、フォーマルな場で着用することはできません。

和婚で使用したい場合は、披露宴のお色直しや二次会などカジュアルな場で着用するようにしましょう。

和婚での正礼装は黒五つ紋付き羽織袴のみです。色紋付き袴は披露宴のお色直しなどで着用しましょう。

和婚で着用する黒五つ紋付き羽織袴の選び方!

新郎が着る衣装の種類が分かった後は、実際に衣装を選んでいきます。選び方や着用時の注意点について見ていきましょう。

和婚で様になるための新郎の衣装選び

着物の種類

着物の種類を選ぶときは、先程ご紹介したように黒五つ紋付き羽織袴を選ぶようにしましょう。この種類のものであれば基本的には問題ありません。好みや新婦の衣装と合わせて選びましょう。その他、家紋が正しいものか確認してください。レンタルする場合は、家紋の部分を布で貼り付けます。

試着のポイント

試着する場合は、羽織、袴、丈のサイズが身長や体型に合ったものかきちんと確認しましょう。大きすぎても小さすぎても様になりませんし、動きづらくなります。また、全体のバランスを確認することも大切です。着物に慣れておらず自分に合っているか分からないという場合は、お店の人のアドバイスを参考にしてください。

着こなし方

自分にぴったりの衣装を選んだ場合でも、着こなし方を把握していないと様になりません。背筋を伸ばしてお腹に力を入れて、胸を張りましょう。姿勢を正すことで堂々とした印象になります。歩くときも姿勢を意識する必要がありますが、新婦の歩く速度に合わせることも忘れてはいけません。新婦の衣装は歩きにくいため、歩調を合わせてゆっくり進んであげましょう。

上記のポイントを参考にして、種類を間違えず自分の体型に合ったものを選び、堂々とした式を挙げましょう。

和婚の基礎知識~紋付袴の種類や小物~

黒紋付き羽織袴を着用する際には、羽織、着物、袴の他にも様々な小物を使用します。ここでは、どんなものを使用するのか詳しくご紹介します。

紋付袴で必要なもの

羽織・着物

紋付袴の場合、羽織と長着が両方とも白地の羽二重を黒く染めたもので、背中や胸元など合計5箇所に家紋が付いています。刺繍によって家紋が入ったものは略式になります。

布地を選ぶ際色は自由に選ぶことができますが、模様は縞模様の絹織物と決まっています。無地のものでは略式になるので注意しましょう。形状はズボンのような形の馬乗り袴、真ん中が分かれていない行灯袴のどちらでも構いません。一文字か十文字で結んでください。

長襦袢(ながじゅばん)

長襦袢は着物の下から着用するものです。紋付袴の場合は白衿の長襦袢を選んでください。

腰紐(こしひも)

腰紐というのは、着物の着崩れを防ぐために使用するものです。着物と長襦袢用に2本用意します。

紋付袴に合わせる帯は角帯(かくおび)です。様々な素材でできた角帯がありますが、堅めに織られているのが特徴で、気が引き締まります。着物や袴とのバランスを見て布地を選んでください。

白扇(はくせん)

白扇というのは紋付袴に合わせる小物の1つで、男性用の扇子です。骨部分は竹で作られていて、白無地の和紙が貼られています。

羽織紐(はおりひも)

羽織の前面につけて、はだけるのを防ぐ役割があります。紋付袴に使用するのは房付のものです。

足袋(たび)

足袋には様々な種類のものがありますが、伸縮性のある生地でできたものなら普段履いている靴下とあまり変わらない履き心地なので、慣れていない人でも履きやすいです。

草履(ぞうり)

紋付袴を着る場合の草履は、鼻緒が白く、台の部分が畳表と呼ばれるビニールでできたものを選んでください。

着物や小物にはそれぞれ格式というものがあります。和婚で正礼装を着用する際は小物まできちんと揃えるようにしましょう。

神前式に合う新郎の髪型・スタイリングのポイント

新婦の髪型を自由に選ぶことができるように、和婚では新郎も好きな髪型を選ぶことが可能です。和婚でよく選ばれている髪型をご紹介するので、参考にしてください。

着物に似合う髪型

ツーブロック

トップを長めに残しサイドや襟足を短くカットしたツーブロックは、男らしく爽やかな印象を与えます。和装との相性もよく、幅広い世代に好印象を与えます。

ショートヘア

ショートヘアは時代を選ばず人気の髪型でさっぱりと表情が明るく見えて、和装にもよく似合います。ワックスによるアレンジで印象を変えることも可能です。

ゆるふわヘア

ゆるくパーマをかけた髪型なら、和装にも似合い柔らかく落ち着いた印象を与えることができます。前髪の長さや流し方でも印象が変わります。

七三スタイル

フォーマルな場の髪型として馴染み深いのが七三スタイルです。アレンジの仕方でおしゃれな印象や柔らかい印象などに変わるので、好みで変化させましょう。

このように、和婚でも新郎の髪型を自由に選ぶことが可能です。しかし、奇抜すぎる髪型では違和感があるかもしれません。なるべく清潔感がある髪型で、和装に似合うものにしましょう。

PAGE TOP