東京の和婚プランカタログ » 和婚を挙げるためにまず知っておきたいこと » 結婚準備のカギは思い出作りにあり!和婚を挙げる前にやっておきましょう

結婚準備のカギは思い出作りにあり!和婚を挙げる前にやっておきましょう

結婚前にしておくべきこと

素敵な結婚式を挙げるためにも、きちんと準備することは欠かせません。ここでは、結婚式を挙げる前にやっておくといいことについてご紹介します。ぜひ参考にし、結婚式で素敵な思い出を残してください。

結婚前に行ないたいリスト【その1】家族との思い出作り

結婚するとご両親と一緒に過ごす時間が少なくなります。式を挙げる前に、一緒に思い出を振り返るなど過ごす時間を増やしてみましょう。

家族と思い出の場所に出かける

大人になるにつれ家族で一緒に出かける機会が少なくなったという人でも、公園やテーマパークなど、昔一緒に行った思い出の場所があることも多いです。そうした場所に行き思い出話をすると、ご両親を喜ばせることができます。

家族旅行する

ご両親に家族旅行をプレゼントすると親孝行になり、素敵な思い出を残すことができます。以前から行きたがっていた場所やおすすめの場所に連れて行ってあげましょう。料理など、両親の好みに合った場所を探してあげると楽しく過ごすことができます。

家族との思い出を作る際には、写真や動画を残しておきましょう。結婚した後も振り返ることができますし、ウェルカムボードやムービーで利用することも可能です。

結婚前に行ないたいリスト【その2】自分の親への挨拶

今までお世話になった感謝を改めて伝えることで、親との絆もより深まります。特別な演出が苦手な方は食卓を囲みながらでもOKでしょう。ここでは挨拶をするときのポイントをご紹介します。

余裕のある日を選ぶ

式の当日や前日に挨拶をするという人もいますが、直前では準備が忙しくてなかなか時間が取りにくいものです。余裕を持ってきちんと気持ちを伝えたいなら、なるべく2~3ヶ月前には済ませておくようにしましょう。心にも余裕があるため、落ち着いて話すことができます。

挨拶の内容

今まで育ててくれた感謝の気持ちを伝えましょう。その他、式の準備や進め方についても相談しておくとトラブルが少なく、皆が納得してくれる式を挙げることが可能です。

イメージトレーニングをする

自分の親であっても、改めて気持ちを伝えるというのは緊張しやすいです。うまく伝えられないかもしれないと心配な場合は、イメージトレーニングなどで会話内容を準備しておくと緊張を和らげることができます。

ご両親へ感謝を伝えるのは気恥ずかしいものです。しかし、伝えないまま結婚して時間が経つと改めて伝える機会はなかなかないため、伝えておけばよかったと後悔する人もいます。後悔のないよう結婚前に挨拶しておきましょう。

結婚前に行ないたいリスト【その3】昔の写真・動画の整理

昔の思い出が記録された写真や動画の整理は、家族との絆を振り返る絶好のタイミングです。式のムービーやウェルカムボードで使う写真を整理する場合は、ご両親に手伝ってもらいましょう。ここではご両親と写真整理することのメリットを見ていきます。

会話がはずむ

写真を見ていると昔の思い出が蘇るため、自然と会話がはずみます。大人になってご両親と会話する機会が減ってしまったという人も、写真整理を通して思い出話に花を咲かせてください。

相手の親御さんと仲良くなれる

自分のご両親と写真を見返すことも楽しいものですが、それぞれ相手のご両親と一緒に写真整理することもおすすめです。仲を深めることで今後の付き合いもスムーズになります。

今後の付き合いのヒントが分かる

相手のご両親と写真整理をすることはご両親との仲が深まるだけではなく、結婚相手のことをより詳しく知るいい機会です。昔はどんな子供だったのかご両親の前ではどんな一面を見せているのかなど、知らなかった話を聞くことで結婚後の付き合い方のヒントになるかもしれません。

整理して分けてもらった写真は結婚式で活用できる他に、新居に飾ることもできます。飾っていると離れて住んでも絆を感じることができるため、ご両親に喜ばれますよ。

結婚前に行ないたいリスト【その4】プロポーズ・夫婦の決まりごとの確認

きちんと準備が終わらないまま結婚式を迎えてしまった場合、今後の夫婦生活に支障が出ることもあります。ここでは夫婦仲を深めるためにできる準備方法を紹介します。

プロポーズを行なう

最近ではプロポーズをきちんと行わないまま結婚するカップルも増えています。それでもやはりプロポーズされたいと考える女性は多いです。しこりが残ったまま式を迎えてしまわないよう、はっきりとプロポーズを行いましょう。夫婦の絆が深まりますし、気持ちを引き締めることができます。

協力して式の準備をする

和婚や洋婚など、式へのこだわりはお互いに違うことも多いです。どちらかの希望だけを通すのではなく、相談しながら決めていきましょう。また、ときには一方にこだわりがない場合もあります。しかしだからといって準備を一人に任せてはいけません。夫婦で結束し準備を進めていき、絆を深めてください。

生活のルールを決める

どんなに仲がいい二人であっても、一緒に暮らすとなるとお互いが考えるルールの違いでケンカになることも少なくありません。結婚後にトラブルが発生しないよう、準備期間でルールを決めておきましょう。お金の使い方や家事の分担など、生活におけるルールを細かく決めておくことで仲良く暮らすことができます。

プロポーズ、式の準備、生活のルール決めなどをきちんとやっておき、結婚後も仲のいい二人でいましょう。

結婚前に行ないたいリスト【その5】体調・美容管理

結婚式では新郎新婦ともに美しく健康的な姿で登場したいものです。体調や美容管理が式の姿に影響するので、当日まで抜かりなく管理しましょう。

肌、爪、髪を集中的にケアする

式当日にヘアメイクやドレスできれいに着飾っても、ケアがきちんとされていないと美しく見せることができません。式に向けて日頃からしっかりケアすることが大切です。メイクが映えて美しく見せるために肌ケアを行なうことはもちろん、指輪交換などで注目される指先、ヘアアレンジをきれいに見せるための髪もきちんとケアしてください。

ブライダルエステに通う

日常的に行なうケアも大切ですが、より効果的に美容管理したいならブライダルエステに通いましょう。式の日程に合わせて様々なプランを立ててくれますし、様々な施術があるので自分に合ったケアを行えます。最近では男性用のブライダルケアコースがあるサロンもあるので、夫婦二人で通うことが可能です。

結婚式当日までは外見のケアを忘れず、体調管理に気を配ることが大事です。

PAGE TOP