東京の和婚プランカタログ » 和婚を挙げるためにまず知っておきたいこと » 和婚について知っておこう!Q&Aでアナタの疑問を解決

和婚について知っておこう!Q&Aでアナタの疑問を解決

よくある質問~和婚全体のこと、衣装、費用について~

和婚について分からないことが多いと、選んでも大丈夫なのか不安に思うかもしれません。事前にきちんと疑問を解消しておきましょう。ここでは、全体的な疑問点、衣装、費用についてよくある質問を紹介しています。

和婚・神前式について~式全体のQ&A~

【Q】挙式まで2ヶ月ほどとあまり日がないのですが、和婚ではどのくらいの準備期間が必要ですか?

【A】和婚は儀式や衣装が複雑で準備に時間がかかるイメージを持たれることもありますが、準備は最短1ヶ月で行うことができます。おめでた婚などで急に挙式が決まった場合でも、和婚を諦めずにまずはお気軽にご相談ください。

【Q】和婚を行いたいのですが、友人を呼べないというのは本当ですか?

【A】和婚でよく行われている神前式は本来親族同士の繋がりを深める役割を持っており、親族以外は参加できないとされていました。そのため、現在でも伝統を守っている神社では親族以外の参加ができないことが多いのですが、最近ではニーズに応えてご友人の参列も可能な神社が増えています。式場選びの際はその点もポイントにして探すようにしましょう。

【Q】和婚での挙式は当日どのくらいの時間がかかりますか?

【A】行う儀式の内容や神社によって左右されますが、挙式自体の時間は大体30分から長くても1時間ほどで終了することが多いです。しかし、当日は挙式だけではなく、衣装の着付けやリハーサル、記念撮影や披露宴を行うため時間がかかります。慣れない衣装で長時間過ごすのは疲れも出やすいので、体調をしっかり整えることが大切です。

【Q】和婚ができるのは神社だけですか?洋風の会場でもできますか?

【A】神社以外の会場であっても、飾り付けなどを工夫することで和婚に合った会場にすることができます。洋風の中に和風のテイストを取り入れることで、モダンでおしゃれな演出をすることが可能です。好みに合わせた和婚を行いましょう。

和婚・神前式について~衣装のQ&A~

【Q】和婚の場合衣装は白無垢でないといけませんか?

【A】和婚では、嫁ぎ先の色に染まるという意味が込められた白無垢を着ることが一般的ですが、好みによって衣装を選ぶことが可能です。黒無垢、色打掛、引き振袖、十二単を着用することもあります。神社や提携している衣裳店から借りる方法や、持ち込むなどして好みの衣装を選んでください。

【Q】おめでた婚なのですが、着物を着るのは難しいですか?

【A】着物は着付けの仕方を工夫することでどんな体型の人でも着用することが可能です。しかし、妊婦の場合お腹への締め付けは不安ですよね。なるべく負担をかけないよう、マジックテープが使われたものにする、着物を着る時間を短くするなど、相談して工夫しましょう。また、体調によっても着用できるかが変化するので、産婦人科の先生にも相談してください。

【Q】着物は着たいのですが、かつらを被るのが嫌です。髪型を自由に選ぶことはできますか?

【A】一般的に和婚では、かつら、綿帽子、角隠しを用います。しかし、必ず用いないといけない訳ではありません。好みによって髪型を選ぶことができ、最近ではアップスタイルなど様々なヘアアレンジを楽しむ人も増えています。

【Q】体型で着物の似合い方は変わりますか?

【A】首が細くなで肩など着物が似合うとされる体型はありますが、着付け方によって体型を問わず着用することが可能です。しかし、体型に合わせて調節することで柄の見え方が変わってきます。その着物が似合うかどうか考えるときには、実際に着用して確認しましょう。色や柄など様々なものがあるので、自分に似合うものを見つけてください。

和婚・神前式について~式の価格Q&A~

【Q】いくつかの式場を比べたいのですが、神社の見学や相談に費用はかかりますか?

【A】申し込む場所によっても変化しますが、神社の見学や相談には料金をいただかないことが多いです。電話やメールで質問することもできますし、事前に連絡して来店していただいても構いません。まずはお気軽に相談してください。

【Q】和婚にかかる費用を節約する方法はありますか?

【A】和婚の神前式では様々な儀式を行います。しかし、全ての儀式を必ずしないといけない訳ではありません。費用をなるべく抑えたいなら、好みに合わせて儀式の数を絞るようにしましょう。その他、会場の装飾などをなるべく持ち込みにすることも節約になります。会場によっては持ち込み料がかかることもあるので、事前に確認してください。他にも、人数や予約時期によってお得なプランを用意していることもあります。会場選びの際はその点にも注目して選ぶと節約できますよ。

和婚でよくある質問についてご紹介しましたが、他にも疑問点は沢山あるかもしれません。何か分からないことがあるなら、疑問点をそのままにせず相談しましょう。

PAGE TOP