東京の和婚プランカタログ » 都内でできる雅やかな料亭&レストラン結婚式カタログ

都内でできる雅やかな料亭&レストラン結婚式カタログ

ここでは、都内にある料亭&レストランの中でも、雰囲気が良く・お料理が美味しいことで人気が高いお店を5つ厳選してみました。

和装が映える、雅やかなお店構えや内装が魅力のお店ばかりですから、神社での挙式後の披露宴におすすめです。

瓢庵(ひさごあん)

瓢庵・料亭内瓢庵・料理

料亭の雰囲気

全部屋が数寄屋造りになっており、高級旅館のような上品かつ贅沢な雰囲気。日中は障子越しにふんわりと光が入るので、優しい明るさが独特。浅草神社や浅草寺に近いところにあるので、観光するのにも最適な立地。スタッフ対応のあたたかさでも人気が高い。

料亭の料理

旬の食材を使って丁寧に調理された美しい懐石料理が楽しめる。
器でも季節感を出してくれるので味だけでなく見た目もグッド。料理長は「現代の名工」を受賞していて、TV番組・料理の鉄人にも出演されたことがある実力派。

おすすめプラン

浅草神社挙式×瓢庵披露宴プラン

  • 費用:1,010,000円/30名
  • プラン内容:神前挙式、会場使用料、料理飲み物、洋髪ヘアメイク、着付、和装セットプラン、プロデュース料込み。※洋装セットプランはオプション
  • 対応人数:80名まで・1名追加ごとに15,500円増

中清

中清・料亭内中清・料理

料亭の雰囲気

明治3年創業・140年以上の歴史ある老舗。長年浅草で愛されてきたお店の風格が漂い、本格派の和婚を目指すカップルに人気。数寄屋造りの離れ座敷をもち、窓から見える日本庭園には錦鯉の泳ぐ池もあって日本らしい風情溢れる景色を満喫できる。写真撮影にも◎。

料亭の料理

コースの会席料理となるが、仏文学者辰野隆博士が名付け親となった名物「雷神揚げ」という天ぷらが有名。揚げ物料理は特に美味しいと口コミでも評判で、新郎新婦もゲストと一緒に完食してしまう方も多い模様。

おすすめプラン

湯島天神挙式×中清披露宴プラン

  • 費用:690,000円/20名
  • プラン内容:神前挙式、料理(着席会席コース)、飲み物、会場使用費、控室使用料、和装衣装セット、新婦洋髪ヘアメイク1点、新郎新婦着付け、介添、プロデュース料込
  • 対応人数:30名まで・1名追加ごとに12,000円~増

ラリアンス

ラリアンス・レストラン内ラリアンス・料理

料亭の雰囲気

大手口コミサイトでも大人気のフレンチレストラン。1,000平方メートル・天井高15メートルの広々とした空間を贅沢に貸切って行う披露宴は、和装にも洋装にも似合うように自在に雰囲気を変えられる。木のぬくもりを感じられる内装は大人婚にもピッタリで、洗練・上質という言葉が似合う会場。神楽坂という人気エリアにある点でも注目度が高い。

料亭の料理

以前にミシュランガイド1つ星を獲得しているので、味もおもてなしも一流。フレンチに和テイストを加えた日本人好みの料理なので、年配者にも食べやすくて体にも優しい。
“繊細な味わい、宝石のような美しさ”にこだわって作られたお料理は、どの世代のゲストにも喜ばれること間違いなし。

おすすめプラン

神田明神挙式×ラリアンス披露宴プラン

  • 費用:1,160,000円/30名
  • プラン内容:神前挙式、会場使用料、料理飲み物、洋髪ヘアメイク、着付け、介添、和装セットプラン、洋装セットプラン、プロデュース料込
  • 対応人数:100名まで・1名追加ごとに16,500円~増

赤坂松葉屋

赤坂松葉屋・料亭内赤坂松葉屋・料理

料亭の雰囲気

松茸専門店として昭和51年に創業した老舗。現在は飛騨牛料理指定店として認定されている。
元高級料亭だった日本家屋をそのまま生かしているため、室内(個室)の雰囲気も落ち着いた高級感あり。入り口も立派なので結婚式などのお祝い事にも向く印象。赤坂駅徒歩1分の好立地も◎。

料亭の料理

飛騨牛や国産の松茸など、並んでも食べたい料理がリーズナブル価格で提供される大人気店。柔らかくて食べやすい牛肉ステーキ、人気の松茸ご飯、こだわりの香の物など、上品な器に美しく盛りつけて提供されるので見た目も華やか。品数も多く、色々なお料理が食べられるので女性からの人気も高そう。

おすすめプラン

赤坂氷川神社挙式×赤坂松葉屋披露宴プラン

  • 費用:765,000円/20名
  • プラン内容:神前挙式、会場使用料、料理飲み物、洋髪ヘアメイク、和装着付け、介添、和装セットプラン、プロデュース料込※洋装セットプランはオプション
  • 対応人数:40名まで・1名追加ごとに13,000円~増

つきじ治作

つきじ治作・料亭内つきじ治作・料理

料亭の雰囲気

創業80余年の伝統料亭。どの部屋にも和の要素があるが、和装だけでなく洋装の披露宴にも向くように自由なコーディネートができる。床柱に「さるすべりの大木」を使ったお部屋はインパクト大。旧財閥の別邸だった建物を改築した一軒家料亭なので高級感もあり。一番大きな広間は最大収容人数122名、小さなお部屋は16名までの収容が可能。(全5部屋)
和装の映える撮影スポットも多数あり。

料亭の料理

伝統的な本膳によるお祝膳はもちろん、旬の食材を使った懐石料理、治作名物の徳島県の地鶏を使った水炊きの用意ができるとのこと。この他、新郎新婦の出身地の食材を取り入れた特別料理などもお願いでき、個人の好みに合わせた献立チェンジも快く引き受けてくれる。
口コミでも料理の満足度がとても高いお店なので、安心してお任せできる。

おすすめプラン

料亭の本格会席コースで大人のおもてなし婚

  • 費用:1,700,000円/40名
  • プラン内容:神前挙式(治作会館に併設の神殿にて)、料理飲み物、衣装、控室、席料、会場費、メイク・着付け、装飾装花、介添、サービス料、音響照明料込
  • 対応人数:40名まで

和のムード漂う神社での結婚式…披露宴会場の選び方

和婚といえば、由緒ある神社での挙式+名高い料亭(レストラン)での披露宴、という形式がやはり人気が高いですね。
神社での神前式は、教会式にはない魅力にあふれており、せっかくなら披露宴や会食もその余韻を味わえるものにしたいと考える方が多いようです。

純和風を追求するなら「料亭」

瓢庵・中清・つきじ治作・赤坂松葉屋などは老舗料亭が会場になるので、店構えや建物の造り、内装、日本庭園など、本物の和の伝統を感じながら、親族やゲストと和やかに食事を囲むことができます。

こういった料亭では、料亭ならではの演出(芸者さんの舞、獅子舞、紙切り芸、落語司会者など)オプションもあるので、伝統的な江戸文化をゲストに楽しんでもらうこともできます。
「あまり和の要素を強くしすぎると、若いゲストに楽しんでもらえないのではないか?」
と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、若い方こそ、こういったものに触れる機会が少ないため、新鮮な気持ちで楽しんでくれるものなのです。

老舗料亭で伝統の日本料理をいただく、という行為そのものが和の演出になるので、あえて余興などはしなかったというカップルも多いようでした。

和も洋も柔軟に取り入れたいなら「レストラン」

和の要素が多すぎると心配な方は、洋風な要素も感じられるラリアンスのようなお店を選ぶと安心です。

ラリアンスは、和・洋、どちらの雰囲気にも対応できるお店として和婚希望のカップルからも多く選ばれている会場です。和装も洋装もどちらも着たいという方にもおすすめできます。

しかも、ミシュラン一つ星を獲得したこともあるお店ですから、お料理やおもてなしの質についてはかなりのレベルが期待できます。フレンチに和の要素を加えた料理は、胃もたれもおこさない食べやすい味となっているので、老若男女、誰もが満足できる料理である点でも評価が高いお店です。

また、ラリアンスは様々な神社と提携しているため、和婚プランが豊富に揃っている点もポイントです。
神社との連携がしっかりしているので連絡漏れなどの心配も不要。

プランナーさんの面倒見が良いことでも定評があり、移動時の車の手配などもすべて行ってもらえます。親族やゲストが困ることがないように完全サポートしてくれるので、口コミでも大変高評価でした。

これらの会場については、各ページで詳細にご紹介しているので、利用者口コミや会場の特徴などを見比べてみて自分達の好みにあうところを探してみて下さいね。
また、会場選びをする前に、両親や親族にある程度希望を聞いておくと良いでしょう。後のトラブルを防ぐことにつながります。

披露宴会場選びで見ておきたいチェックポイント

◎会場施設や設備のチェック

  • ゲストの待合スペースの有無、広さや椅子の数は十分か
  • 親族控室の有無。広さが十分か
  • 身体が不自由なゲストや年配ゲストへの配慮(バリアフリー対応かどうか)は?エレベーターやエスカレーターはあるか
  • 駐車場の有無・収容台数

◎アクセス・宿泊施設のチェック

  • 交通の便が良いかどうか
  • 最寄り駅からのアクセスが良いか
  • 送迎バスなどの手配はやってもらえるか
  • 遠方ゲストのための宿泊施設の有無、手配はお願いできるか

◎収容人数や広さのチェック

  • ゲストの人数に対して披露宴会場の広さは十分か
  • 早めに着いたゲストが待つスペースはあるか
  • 会場近くにトイレはあるか。数は十分か
  • 会場全体の雰囲気はゲストの年齢層に合っていそうか

※招待客の予定数ピッタリの収容人数よりも、若干広めの会場を選ぶのがベター

◎お料理のチェック

  • ゲストが満足する味、ボリューム、見た目がどうか
  • 子供や年配者、アレルギーのある人向けに個別対応が可能かどうか

◎ゲスト向けサービスのチェック

  • ゲストの着付けやヘアセットの対応があるか
  • ゲスト用の更衣室はあるか
  • 親族用衣装の貸し出しは可能か

◎スタッフ対応のチェック

  • 親身な対応かどうか
  • こちらの話をきちんと聞いてくれるか
  • 一方的な営業トークに終始していないか

※これらのチェックポイントに注意して候補の会場を厳しくチェックしてみましょう。


一番大切なのは、ゲストの目線に立って会場を見渡してみることです。会場の雰囲気だけでなく、移動手段や宿泊施設なども配慮してみて下さい。

とはいっても、完璧な条件を揃えた会場というのも滅多にあるものではないですよね。会場の欠点が見えてきたら、それをどのようにカバーするのかを考えればOKです。

例えば、場所がわかりにくい会場なら、招待状に地図を同封したり、駅の出口やタクシー乗り場・送迎バスの時刻を添えたりしてゲストが迷わずに来られるように配慮しましょう。

好みの会場が見つかったら、どうすればゲストに気持ちよく来てもらえるのか・快適に過ごしてもらえるのかを考えていきましょう。

PAGE TOP