金田中

ここでは、都内で結婚式ができる高級料亭・金田中(かねたなか)について、特徴や口コミ・お店情報などをご紹介しています。

金田中入口金田中会場金田中料理

料亭・金田中の結婚式

大正時代に創業して以来、各界の著名人や政治家の御用達となっている格式高い料亭。大人の純和風の結婚式を希望する方には嬉しい会場です。

雰囲気

金田中でする和婚は、芝大神宮での挙式後、料亭へ移動します。芝大神宮からの出張をお願いして金田中屋敷内の広間で行う神前式を選ぶことができます。
屋敷内神前式の場合、豊栄舞奉奏−三献の儀−誓詞奏上−玉串拝礼−指輪交換−親族杯と進行し、披露宴の間へ移動する形になります。

披露宴では、お料理・飲み物に加え、装花・宴席中の余興(津軽三味線・助六太鼓・獅子舞・芸者の寿の舞他)など、料亭ならではの様々な演出オプションを加えることもできるので特別感溢れる披露宴にすることも可能。
お部屋自体も意匠をこらした内装になっており、掛け軸や床花など調度品の一つ一つに見ごたえがあります。

料理

 そして、お料理は老舗料亭の名にふさわしく、高級食材・仕上がりの美しさ・味の良さ、どれをとっても最高ランクと評判です。通常の会席料理以外にも、オーダーメイドで献立を作れるプランもあるようです(価格は48,000円/1人と高価)

特徴

新ばし金田中は、和装の挙式・披露宴をはじめ、結納や顔合わせ・披露宴後の2次会などさまざまな要望に応えてくれる老舗料亭です。
日本三大料亭(金田中・吉兆・新喜楽)の一つでもあるので、年配の方であれば名前をご存知の方が多いようです。(20代・30代のカップルにとっては敷居が高いようにも感じますね)

金田中での結婚式は、他の会場に比べるとコストは高めになってしまうかもしれませんが、その分格式の高さを強調した和の結婚式を実現させてくれますし、ご年配の親族・ゲストには大変喜ばれることは確かです。

和装が映える結婚式会場とは?おすすめの料亭&レストラン5選>>

金田中で挙式した人の口コミ

他にはないタイプの式場を探してこちらに決めました。純和風の挙式希望だったので雰囲気はぴったり。それに、こちらは演出が変わっていて本物の芸人さんに余興をやってもらえるというのも驚きました。今までの人生でこれほど日本文化に触れたことはないというほど、日本の良さを実感できる結婚式となりました。
若い人にはどうかな…と心配もありましたが、「新鮮で楽しかった」と言ってもらえたので、私も嬉しく思いました。

銀座にある有名料亭さんで結婚式ができるなんて、このチャンスを逃すまいと思って決めました。普段は入ることのできない高級料亭ですから緊張もしましたが、接客はプロの方々なので当日のゲストへのおもてなしなどは安心してお任せできました。費用は高くなってしまいましたが、特別感溢れる結婚式にできたので一生の思い出になりました。お料理は本当に美味しかったです。

(下見した方の口コミ)人数が合わずにこちらの会場は見送りましたが、お部屋の雰囲気が和婚にぴったりだったので残念でした。ある程度年齢を重ねたカップルであれば、このような料亭での結婚式も素敵だと思います。ただ、結婚式をするには照明が薄暗いなと感じました。天井は高くて良かったです。また、芸者さんを呼んだり、和の演出も独特のものができるようでした。お料理も食べてみたかったです。

おすすめの挙式プラン

挙式と披露宴をするおすすめのプランをピックアップしました。

神前式+金田中披露宴

費用 2,360,925円/40名
セット内容 神前式(金田中にて)、料理飲み物、美容着付、衣装、撮影、装花、印刷物、引き出物、司会者、会場費、音響・オペレーター費込み
※一人当たりの食事代単価20,000円+飲み物代3,000円
対応人数 要相談

四季の重ね皿

費用 900,000円/30名
セット内容 料理、飲み物、会場使用料、新郎新婦控室、親族控室、着替え室料込み
※挙式料・衣装代などは別途
対応人数 要相談・一人当たりの料金30,000円

四季の会席

費用 1,080,000円/30名
セット内容 料理、飲み物、宴席会場、新郎新婦控室、親族控室、着替え室料込み
※挙式料・衣装代などは別途
対応人数 要相談・一人当たりの料金36,000円

料亭・金田中のデータ

金田中の住所やアクセス、営業時間を紹介します。

住所 東京都中央区銀座7-18-17
アクセス 地下鉄日比谷線 東銀座駅 徒歩3分、都営浅草線 東銀座駅 徒歩5分
営業時間 【昼席】11:00~15:00
【夜席】花柳界のしきたりにより、ご紹介によるご来店をお願いしております。
定休日 不定休
PAGE TOP