乃木神社

ここでは、東京で神前式ができる人気神社「乃木神社」についての特徴、実際に結婚式をあげた人の口コミなどをご紹介しています。

乃木神社乃木神社境内乃木神社での披露宴会場・乃木会館

乃木坂駅から徒歩1分の抜群の立地。夫婦の絆を結ぶ乃木神社

大正時代100年前に建てられた比較的新しい神社。緑の多い静かな環境で、厳かに神前式をおこないたい方には特におすすめです。

雰囲気

神社はオフィス街の中にあるため普段からそれほど参拝客が多いわけではなく、土日も静かで穏やかな雰囲気に包まれています。

こちらは雨の日でも参進ができる道があるので、天気を気にしなくてよいところもメリットです。さらに、乃木神社ならではの祝いの舞『納曾利』も見ごたえがあるので、ゲストに喜ばれる儀式となるでしょう。
また、境内には大きな桜の木があり、春の挙式時は美しい桜の花を眺めながら結婚式を行うことができます。

披露宴会場(乃木會舘)も雰囲気の異なる会場が5つ揃っており、人数に応じて選択可能です。特に、豊名という会場はジブリの美術監督がプロデュースしており、和洋どちらにも合う華やかな内装が魅力です。
神社に併設された披露宴会場としては充実しているほうなので、挙式→別会場への移動がNGというカップルにも向いていると思います。

祀っている神様・歴史

乃木神社の御祭神は、明治の頃の軍人・乃木希典(のぎまれすけ)将軍とその妻である静子夫人になります。実存した人物を神様としており、比較的新しい神社です。乃木大将は軍人として活躍された方ですが、学問にも優れていたので学習院の院長にも就任し、さらには昭和天皇の教育係まで務めた方だそうです。
このため、文武両道の神様といわれています。また、おしどり夫婦としても有名で、夫婦円満のご利益があるともされているので多くのカップルが訪れる人気スポットでもあるようです。

東京の神社結婚式おすすめ5選を見る>>

乃木神社で挙式した人の口コミ

神社での挙式希望だったので口コミを色々調べ、実際の神社にも足を運んでここに決めました。挙式会場はみなさんの言う通りで素晴らしいです。荘厳な雰囲気の神社で、披露宴会場がすぐ隣にあるところが良かったです。
白無垢も気に入ったものが見つかったし、当日のスタッフの方々のフォローも万全でした。
それに、白無垢と綿帽子だとかつらをかぶらなければいけないところが多いと思いますが、こちらは自分の髪を結ってくれるということだったので、それも大きな決め手となりました。

神社の雰囲気が気に入ったのでここにしました。費用はかかりましたが、一生に一度の結婚式なので奮発して良かったなと今は思っています。神社なので全体的にもっと古い感じを想像していたのですが、披露宴会場はとても華やかでおしゃれな印象だったので、神前式は厳かに・披露宴は華やかにしたいという希望も叶いました。

観光地の神社のにぎやかさよりも、このような静かな環境にある神社の雰囲気が自分たちに合っていると感じました。桜の花をバックに写真を撮りたかったので春の式にしたのはすごく良かったです。披露宴会場も気に入った雰囲気の会場が見つかり、まさに思い描いていた通りの結婚式となりました。神社なので、いつでも遊びに来られるし、自分たちが結婚式を挙げた思い出の場所と気軽に付き合っていけるところも良かったです。

おすすめの挙式プラン

挙式と披露宴をするおすすめのプランをピックアップしました。

【恵(めぐみ)】春・夏・秋・冬プラン

費用 1,058,400円/40名
セット内容 衣装(ダブル和装コースor和装+洋装コースのどちらか、料理飲み物、控室料、席料、美容着付、音響照明、装花、写真、印刷物、介添料、サービス料込※挙式料は別途
対応人数 148名まで・1名追加ごとに19,440円増

一軒家レストラン「メゾンブランシュ」貸切ウエディング・コレクション【Style Tradition】

費用 1,782,000円/70名
セット内容 料理飲み物、衣装、控室料、席料、美容着付、音響照明、介添料、装花、写真、サービス料込※挙式料は別途
対応人数 90名まで・1名追加ごとに21,600円増

【撫子(なでしこ)】

費用 842,400円/40名
セット内容 料理飲み物、衣装、控室料、席料、美容着付、音響照明、介添料、装花、写真、印刷物、サービス料込※挙式料は別途
対応人数 148名まで・1名追加ごとに19,440円増

乃木神社の神社データ

乃木神社の住所やアクセス、初穂料(挙式料)を紹介します。

住所 東京都港区赤坂8-11-27
アクセス 千代田線「乃木坂駅」より徒歩1分。東京駅・品川駅からタクシーで15分程度
初穂料 150,000円
PAGE TOP